産学連携研究会

トップ >  産学連携研究会

変わる労働環境、変える「働き方」

企業も働く側も、これからの社会に合った働き方を模索している時代です。「働き方改革」を多面的に議論し、企業活動だけでなく、日本の労働環境を最適化へ向かわせるための研究会を発足しました。

労働法制の変化と『働き方』研究会

経済社会環境の変化に対応した労働法制をはじめとする働き方の改革と、それに対応した、企業におけるダイバーシティの推進を目指した実現可能な施策について考えます。

座長 八代尚宏

昭和女子大学グローバルビジネス学部学部長・特命教授
メリーランド大学経済学博士。旧経済企画庁のエコノミストとして20年間勤務後、上智大学教授、日本経済研究センター理事長、国際基督教大学教授等を経て、2015年より昭和女子大学に勤務。専門は日本経済論、労働経済学、社会保障論。日経図書文化賞、石橋湛山賞受賞。

目的
経済社会環境の変化に対応した労働法制をはじめとする働き方の改革と、それに対応した、企業におけるダイバーシティの推進を目指した実現可能な施策について考える。
期間
9月から2月まで
頻度
月1回開催(6回開催予定)17時30分~20時
※終了時、研究会として報告書を作成いたします。
場所
昭和女子大学

2017年度のテーマと日程

9月11日(月) 第1回 現行の日本的雇用慣行の抱える問題点と改革の方向
(少子高齢化社会、グローバル化、同一労働同一賃金)
10月4日(水) 第2回 長時間労働抑制のための法改正案と企業の対応
(ホワイトカラー適用除外、在宅勤務)
11月1日(水) 第3回 解雇の金銭補償ルールの策定と企業の対応
(普通解雇・整理解雇、職種・地域限定正社員)
12月13日(水) 第4回 改正された労働契約法・労働者派遣法と企業の対応
(無期雇用への転換義務、派遣社員の活用方法)
1月10日(水) 第5回 女性管理職比率30%をどう実現するか
(内部昇進と外部登用、共働きを標準とした働き方)
2月7日(水) 第6回 働き方の多様化に対応した人事部の在り方とは
(新卒一括採用、高年齢者の再雇用、外国人社員)
※参加者所属企業の取り組み事例の発表・共有

【参考資料】
『日本的雇用慣行を打ち破れ 働き方改革の進め方』(日本経済新聞出版社、2015年)
厚生労働省「働き方の未来2035」懇談会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-roudouseisaku.html?tid=326957
厚生労働省「透明かつ公正な労働紛争解決システム等の在り方に関する検討会」
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-roudou.html?tid=307309

産学連携ダイバーシティ研究会

研究テーマ:「ダイバーシティの推進と女性のキャリア形成」

ダイバーシティ推進における具体的課題を明確にすることを目的とし、産学連携による調査、研究活動を行います。

座長 森ます美

昭和女子大学大学院生活機構研究科および人間社会学部福祉社会学科 特任教授
同大学ダイバーシティ推進機構運営委員、同大学女性文化研究所所員専門領域は、労働とジェンダー論、社会政策。男女間賃金格差の分析、同一価値労働同一賃金(原則)の理論と実践に関する研究。労働市場および企業の賃金・人事管理制度のジェンダー分析など。

主要な問い

  • 企業における女性活躍推進が、女性と企業にとってWin-Winの取り組みになるために大切なことは何か。
  • ダイバーシティの推進のなかで女性がキャリアを形成する上でどのような支援が必要か。また、女性にはどのような成長や変化が求められるのか。
期間
継続的に実施
頻度
年間6回程度開催
時間
第2金曜日 17時00分~20時
※終了時、研究会として研究成果報告書を作成いたします
場所
昭和女子大学
メンバー
構成
昭和女子大学ダイバーシティ推進機構会員企業所属の社会人女性10名程度
本学女性文化研究所員 3名程度
本学現代ビジネス研究所研究員3名程度

2017年度のテーマ

第1回:4月14日 「ダイバーシティの推進と女性のキャリア形成に関する調査」
本調査票の提案と検討①
第2回:5月12日 「ダイバーシティの推進と女性のキャリア形成に関する調査」
本調査票の提案と検討②
第3回:6月23日 調査実施手順の相談
第3回:7月14日 本調査の実施に向け調査協力(7月15日~9月30日)
(調査対象:会員企業、回収目標:500票)
第4回:12月8日 調査結果の分析報告
・フリーディスカッション
第5回:1月12日 調査結果のまとめ
2017年度研究報告会の企画
第6回:3月9日 2017年度「ダイバーシティの推進と女性のキャリア形成」
研究成果報告会の開催

2018年度のテーマ

4月 5月 6月 「ダイバーシティの推進と女性のキャリア形成」グッド・プラクティス企業へのインタビュー並行して女性文化研究所定例研究会で「ダイバーシティの推進と女性のキャリア形成に関する調査」結果について報告(原稿執筆に向けて)
7月 8月 9月 『昭和女子大学女性文化研究叢書』第11集 掲載原稿執筆
(本調査結果及び企業インタビュー結果)
10月 11月 12月 学外諸機関・会員企業・調査協力企業に配布する『研究成果報告書』の作成
2月 学外向け「ダイバーシティの推進と女性のキャリア形成」シンポジウムの開催