昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

コミュニティサービスラーニング

コミュニティサービスラーニング コミュニティサービスラーニング
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 社会連携>
  3. 地域活動と地域協働>
  4. コミュニティサービスラーニング

昭和女子大学では、学生が興味や専門知識を活かして、社会貢献やボランティア活動をするコミュニティサービスラーニングを積極的に行っています。窓口である学内の「コミュニティサービスラーニングセンター」を中心とし、世田谷区とも連携しながら活動しています。学生は自ら考えて学び取る力を養い、地域 の活性化にも貢献しています。

【実践的授業】

『福祉社会とボランティア』『ボランティア論』

地域・公共社会の発展のために、理論学習の成果を活かして実際に活動しながら学ぶ授業です。活動内容は福祉、自然、環境、国際交流など多岐にわたります。学生は地域社会における課題やニーズを発見・共有し、活動の成果と反省を理論学習にフィードバックします。

『英語で地域貢献』

英語を通して、NPOやボランティア活動の意義や役割などを実践的に学ぶ授業です。世田谷区を中心にボランティア団体「プラン・ジャパン」などと提携し、イベントの案内やパンフレットの翻訳、日本に住む外国人のボランティア活動の補助などを行いながら、英語力を養います。

【主な活動】

「おでかけ広場SHIP」での誕生日会

キャンパスに隣接する、地域で子育て中の親子を対象とした支援施設。遊びに来る子どもたちのために、学生が月に1回、誕生日会を企画・開催しています。

都市と農村を結ぶ文化交流活動

コミュニティサービスラーニングセンターでは夏季休暇期間に地域貢献を中心としたボランティアプログラムとして、信州高遠青少年自然の家を拠点とした長野県伊那市との交流活動「伊那の谷・風の学校ワークキャンプ」を実施しています。
学生はボランティア活動を通して、人と人、人とコミュニティの「縁」を結ぶ架け橋になることを目的に、伊那の人々が培ってきた経験や知識を体験的に学び、都市と農村の相互交流の「縁」を結ぶために何ができるかを考え提案します。

grow あっぷ SETAGAYA

世田谷区内などの大学生が作る番組「CAMPUS RADIO COMPANY」で学生ならではの切り口で現代社会の諸問題にアプローチする番組を放送しています。世田谷をフィールドに、学生主体で企画・取材・編集など放送までの全プロセスを担当。地域を知り、社会を考える貴重な機会となっています。

LINEで送る