昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

文学言語学専攻

文学言語学専攻 文学言語学専攻
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学院>
  4. 文学研究科>
  5. 文学言語学専攻

文学・語学・言語教育学に関する深い学識と研究能力の育成

博士前期課程3専攻での教育・研究を基礎とした、日本語日本文学、英語英米文学、言語教育学(日本語教育講座・英語教育講座)の3つの研究領域で構成されており、日本および英米に関わる文学、語学、言語教育学の高度な教育と研究を行います。
専攻する研究領域において専門性を深めるとともに、他領域の科目を履修することで学際的な視点を養い、国内外の教育や研究の場で活躍できる有為な人材を育成します。
博士前期課程から進学される方のほか、社会人の方が専門領域のキャリアアップやブラッシュアップを図る場としても活用できるよう、年齢、国籍等を問わず、高い意欲と研究能力を備えた方々に広く門戸を開いています。
※博士後期課程「日本文学専攻」「英米文学専攻」「言語教育・コミュニケーション専攻」は、
  2013年度より「文学言語学専攻」に統合・再編されました。

特色

充実した教授陣による多彩な研究分野ときめ細かな研究指導

多彩な研究分野を専門とする充実した教授陣を揃え、個々の学生の研究テーマに応じて、個別にきめ細かな研究指導を行っています。

学際的な視点の育成

専攻する研究領域のほかに、他研究領域の科目を履修する機会を設け、学際的な視点を育成することで多様な思考やアプローチによる研究の進展をはかっています。

学生の研究活動に対する積極的な支援と促進

研究発表会の定期的な開催や、論文集の刊行など、研究成果を発表する場を設けるとともに、学外の学会や学術雑誌での発表の奨励など、学生の研究活動を積極的に助成しています。

社会人学生のニーズに応じた受け入れ態勢

社会人の方が、専門領域についてより高度な教育・研究能力を修得する場を提供し、個々人の状況や研究計画に対応したきめ細かな研究指導を行っています。

学生「研究テーマ」例として

  1. 芥川龍之介研究──雑誌メディアと創作活動の相関をめぐる諸問題──
  2. 19世紀イギリス児童文学における庭の意義
  3. 終助詞「ね」と「よ」の習得の研究
  4. 文化間を移動する子どもたちの日本における継承語教育のあり方
  5. An Effective Order of English Segmental and Suprasegmental Instruction to Japanese EFL Students:   From the Viewpoints of Implicitness and Explicitness

専任教員紹介

山田 潔
特任教授
  1. 室町時代語の文法・語彙の研究
  2. 現代語文法理論の研究
大倉 比呂志
教授
  1. 中古・中世日記文学(日記的私家集を含む)
  2. 平安時代から室町時代までの物語文学
太田 鈴子
教授
日本の近代文学、特に川端康成の作品研究および村上春樹研究
岸田 依子
教授
  1. 中世韻文学の研究
  2. 中世歌論・連歌論の研究
  3. 中世日記紀行文学の研究
齋藤 彰
教授
  1. 二条派和歌の研究(兼好・頓阿の詠法)
  2. 徒然草の研究(諸本研究 兼好の表現と論理)
  3. 世阿弥能楽論の研究(和歌的基盤)
吉田 昌志
教授
  1. 泉鏡花を中心とする浪漫主義文学の研究
  2. 明治三十年代文学の総合的研究
  3. 文学と美術との相関についての研究
平井 法
特任教授
20世紀以降の英文学作品を研究。また19紀から現代に至る女性作家の小説中に描かれた文化的表象に、女性たちの時代意識がどのように反映されてきたかを研究。
井原 奉明
教授
ことばに関する哲学的な研究。言語哲学と呼ばれる学問領域だけでなく、ひととことばとの関わりを言語学・哲学・精神分析・心理学等の複合的視点から捉え、ひとが認知する<もの>や<こと>、ひとの<こころ>を探求することに関心を寄せている。
金子 弥生
准教授
18・19世紀イギリス、特に女性作家の作品研究。日常生活において、登場人物たちがそれぞれ他者といかにかかわり振舞うかを、時代により異なる社会背景を考慮しながら考察し、生きることの意義を考える。
島﨑 里子
准教授
古・中英語期の語彙研究を通じて、当時の社会や文化の様相を解明する。近年の主な関心は、(1)語彙の多義性がテクスト解釈に与える影響と意味、(2)古・中英語期における女性像の受容と変容の系譜、(3)聖女伝を中心とする中英語散文の語彙と文体など。
鈴木 洋子
特命教授
  1. 日本語学研究
  2. 第二言語習得に関する研究(第二言語学習の動機づけを含む)
  3. ビジネス日本語教授法の研究
  4. 留学生教育研究
小川 喜正
教授
  1. タスクと言語形式の焦点化
  2. 日本人英語学習者の英作文に対するフィードバック
ロブソン ゴードン
教授
My research is connected to classroom interaction and fluency. In addition, I am interested in such individual learner differences as personality, anxiety and motivation. Finally, I have done extensive work on reading, writing and materials development.
LINEで送る