昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

環境デザイン学科

環境デザイン学科 環境デザイン学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学>
  4. 生活科学部>
  5. 環境デザイン学科

生活を取り巻く環境を彩り
未来の社会で「デザインにできること」を考えます

期待する学生像

広く実社会においてデザイン力とプレゼンテーション力を活かして活躍することを目標に、個性を活かした自由な発想で意欲的に取り組むとともに、チームの一員としても調和しようと努力する学生が入学することを期待しています。

ポイント

多彩なカリキュラムから学びたい専門領域を選択

デザインの対象により修得すべき専門科目は細分化されていますが、一方で幅広い知見が求められていることも事実です。そこで1年次においては複数のデザイン領域を包括的に学ぶことで学生自身が求める方向を探り、段階的に学びたい専門領域を選択していきます。

確たる根拠を踏まえながら技術と理論を学ぶ

設計製図や造形デザインなどの演習科目、材料や力学などの実験科目、そして幅広い知識を身につけるための講義科目を通して、世の中に新しい情報を発信していくためのアイディアを形にする技術と理論を学び、「デザインにできること」を考えていきます。

体験を通し「デザイン力」を育成する

地域・企業と連携した各種デザインプログラムや学科全体での総合演習、デザイン系のインターンシップ、各種コンペ等への参加など、実社会と連携した学習により、机上の空論ではない実践力を伴った「デザイン力」を育成します。

取得できる資格

  • 一級建築士受験資格 ※1
  • JABEE プログラム ※2
  • インテリアプランナー登録資格 ※1
  • 施工管理技士受験資格 ※3
  • 建築設備士受験資格 ※1
  • 商業施設士受験資格
  • 一級衣料管理士
  • 高等学校教諭一種(家庭)
  • 中学校教諭一種(家庭)
  • 博物館学芸員 他
  • 一級建築士受験資格 ※1
  • JABEE プログラム ※2
  • インテリアプランナー登録資格 ※1
  • 施工管理技士受験資格 ※3
  • 建築設備士受験資格 ※1
  • 商業施設士受験資格
  • 一級衣料管理士
  • 高等学校教諭一種(家庭)
  • 中学校教諭一種(家庭)
  • 博物館学芸員 他

1:2年以上の実務経験が必要 2:建築インテリアデザインコース建築グループ対象 3:一級は3年以上、二級は1年以上の実務経験が必要

クローズアップ

建築・インテリアデザインコース

建築・インテリアデザインコース
建築、都市からインテリアまで、よりよい生活環境をデザインする能力と表現力を身につけます。一級建築士受験資格を取得することができ、またJABEEプログラムと、学部・大学院一貫の6年制課程を設置しています。
※建築インテリアデザインコース建築グループ対象

服飾デザインマネジメントコース

服飾デザインマネジメントコース
衣服の素材・デザイン・設計からマーケティング、マネジメントまでを幅広く学び、商品の企画開発や設計、管理など、アパレル業界で活躍できるスキルと知識を身につけます。

プロダクトデザインコース

プロダクトデザインコース
生活空間を構成するモノ・コトの関係性を考え、デザイン提案できる感性と表現力を磨きます。製品デザインのプロセスを学び、デザインの基礎からプレゼンテーションに至るまでの実践的なスキルを身につけます。

デザインプロデュースコース

デザインプロデュースコース
実社会で活躍できるデザインのプロデュース(企画・構想・マネジメント)を行う力を養います。企画立案、映像制作、プレゼンテーション、語学などプロデュースに必要な能力を身につけます。

カリキュラム

4つのコースから自分の希望に合うコースを選択します

1年次では、生活・デザインの共通基礎科目を学びます。前期・後期を通して各分野の基礎的なスキルを身につけながら、自分に合った方向性を見極めます。

ものづくりの理論と技術の両面を学び、専門性の高い知識を身につけます

2 年次以降は、各分野における基礎理論を学び、選択したコースでより専門性の高い応用理論や技術を修得しながら、コースの垣根を超えた広い視野でデザインを学んでいきます。

多様なプログラムに参加し、体験を通してデザイン力を育成します

各種体験的活動すなわち学科全体での総合演習や、地域・実社会と連携したプログラム、インターンシップ、コンペティションなどに取り組み「デザイン力」の育成をはかります。

カリキュラム

卒業論文のテーマ例

卒業論文のテーマ例

災害史と災害による影響等の文献研究—江戸・東京を中心に—

江戸時代から現代まで自然災害と人為災害の歴史を調べ、その状況とそれによってその後の生活がどの様に影響を受け、変化していったかを、都市計画史と都市生活史を対照年表にまとめて、整理した論文で、災害をどの様に捉え対処すべきかに対しての指針となる資料化となるものとなっています。

明和の火災絵図(消防防災博物より)
LINEで送る