昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

健康デザイン学科

健康デザイン学科 健康デザイン学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学>
  4. 生活科学部>
  5. 健康デザイン学科

科学的に「食と健康」を学び、
プラスαの力を備えた健康のスペシャリストへ

期待する学生像

昭和女子大学の教育目標を理解し、健康、栄養に加えて、食品、運動、感覚などに強い関心を持ち、将来は専門的な知識を活かして社会に貢献したいという意欲のある学生が入学することを期待しています。

ポイント

栄養士の基盤となる知識と実践力を身につける

生物や化学などの基礎知識から食・栄養・健康に関連する専門的な知識へと学びをすすめます。豊富な実験・実習・学生主体のプロジェクトなどで経験を積むことで、正しい知識に基づいて判断し行動できる実践力をもつ栄養士となるための基盤を身につけます。

食科学・運動・感覚へと専門性を広げる

健康を、食事・栄養だけでなく運動・スポーツや感覚・美容などの周辺領域を合わせて科学的に学び、関連する資格を取得します。そうすることで、単なる栄養士を超えた、より広い視野で食と健康を考え、実践する「健康のスペシャリスト」をめざします。

「健康」に関連する多彩な進路をめざす

栄養士だけでなく、企業での商品開発・品質管理や健康関連のサービス業、公務員や学校教職員など、様々な職業に就いて活躍すること、大学院へ進んで研究をすすめ「女性の健康」の専門家として国際社会に広く貢献することを将来の目標とします。

取得できる資格

  • 栄養士
  • 管理栄養士国家試験受験資格(1年間の実務経験が必要、最短で卒業後2年)
  • 高等学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)
  • 中学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)
  • 栄養教諭二種※
  • フードスペシャリスト受験資格
  • 健康運動指導士受験資格
  • 図書館司書・司書教諭
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • サプリメントアドバイザー受験資格
  • HACCP 管理者
  • 栄養士
  • 管理栄養士国家試験受験資格(1年間の実務経験が必要、最短で卒業後2年)
  • 高等学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)
  • 中学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)
  • 栄養教諭二種※
  • フードスペシャリスト受験資格
  • 健康運動指導士受験資格
  • 図書館司書・司書教諭
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • サプリメントアドバイザー受験資格
  • HACCP 管理者

管理栄養学科の科目を履修することで得られます。当該資格取得のための単位は、卒業要件外となります。管理栄養士合格後は一種に転換します。

クローズアップ

学生主体のプロジェクト活動で健康のスペシャリストとしての実践力を養う

「伝統芸能実習」 「輝け☆健康「美」プロジェクト」は、栄養士の卵としての知識と実践力を活かす場を学内外に広げ、様々な活動を展開しています。これまでの活動に加えて2014年度には、「ぱんやのパングワン」とのコラボレーションによる「世田谷パン祭り」でのパンの販売、学寮研修において地域の人々との交流をめざした「美カフェ」の実施、高強度インターバル・トレーニング「TABATAプロトコル」を行うエクササイズ・イベントの開催など、さらに幅広い活動を展開しました。

「 輝け☆健康「美」プロジェクト」は、健康デザイン学科と管理栄養学科との共同プロジェクトです。

カリキュラム

科学的に食と健康を学ぶための基礎力を身につける

1年次には、高等学校の生物や化学に不安を感じている学生を対象とした補習的科目も含めて、食と健康を専門的に学ぶ準備として必要な基礎科目を充実させています。

豊富な実験・実習を通して栄養士としての知識と実践力を養う

2年次からは専門の講義科目と実験実習科目を履修します。自分で手足を動かし、目で確かめ、考察する作業を繰り返すことで、栄養士としての知識と実践力を養います。

プラスαとして「食科学」「感覚」「運動」領域を広く深く学ぶ

食品の機能・安全性について学ぶ「食科学」、化粧や美容と健康の関わりを学ぶ「感覚」、運動・スポーツと健康の関わりを学ぶ「運動」、という時代のニーズに応えた3つの専門領域が用意されています。1年次から各領域に触れ、3年次にいずれか1つを選択し、興味と目標に沿って専門性を磨きます。

カリキュラム

卒業論文のテーマ例

卒業論文のテーマ例

定期的なエクササイズ実施がエネルギー収支および食欲変動に及ぼす影響について

毎日のエクササイズ実施が必ずしも体重の減少に結びつかないのはなぜでしょうか。その理由を、1日1時間のエクササイズを行った1週間の、日常生活中の身体活動によるエネルギー消費と食事によるエネルギー摂取をすべて記録してエネルギー収支を算出すること、および主観的な食欲の変動を記録することから検討しました。

LINEで送る