昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

福祉社会学科

福祉社会学科 福祉社会学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学>
  4. 人間社会学部>
  5. 福祉社会学科

人々のライフステージを見据え、誰もが生きやすい
社会を創るソーシャルワーカーを養成

期待する学生像

子ども、高齢者、障がいのある人やその家族を支援するソーシャルワーカーになりたい人。医療ソーシャルワーカーになりたい人。グローバルな視野を持ち地域の様々な背景を持つ人と協働できる人。福祉社会づくりに貢献しようという情熱と行動力を持つ人。

ポイント

社会福祉士等の国家資格を取得し、現場で活躍する

社会福祉士、精神保健福祉士あるいは保育士資格を持った福祉専門職(ソーシャルワーカー)として虐待、貧困と格差、社会的孤立などの社会問題に対応し、利用者や家族の抱える「こころ」「からだ」「生活」の課題解決をはかるソーシャルワーカーの養成を行います。

グローバル社会における福祉的課題の解決をはかる

グローバル化の中で多様な背景をもつ人々・家族が増えています。国内外の多様な背景をもつ人と関わり、その課題を解決するために、グローバルな視野と語学力を含むコミュニケーション力を持ち、地域社会にはたらきかけられる情熱と行動力のある人材を育成します。

福祉の専門性をもって福祉社会の創造に貢献できる

誰もが大切にされ、幸せに暮らせる社会を実現するためには、福祉の専門性を身につけた人が福祉施設や相談機関だけではなく、地域社会など多様な領域で活躍することが重要です。どの現場でも求められる問題発見力と解決力、チームワーク力、マネジメント力を養います。

取得できる資格

  • 博物館学芸員
  • 高等学校教諭一種(地理歴史)
  • 中学校教諭一種(社会)
  • 考古調査士(2級)
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 社会福祉士受験資格
  • 精神保健福祉士受験資格
  • 保育士
  • 高等学校教諭一種(福祉)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 児童指導員(任用資格)
  • 社会調査士
  • 図書館司書・司書教諭
  • 日本語教員 他

クローズアップ

「机上の学問では終われない!」—学生主体のプロジェクト活動が本格始動—

「伝統芸能実習」 本学科の学生はとてもアクティブ。授業で学んだこと、疑問に感じたことを基にいくつかのプロジェクトを立ち上げてきました。「深刻化する児童虐待を防ぐにはどうしたらよいか」という思いから発足した児童虐待予防プロジェクトでは、ショートムービー製作とシンポジウムを企画・開催。地域の障がい者施設の焼き菓子を定期的に学内販売したり、国連の国際障がい者デー関連イベントとして「バリアフリー絵本展」を企画・運営するなど、次々 に学生主体のプロジェクトが生まれています。平成28年度入学者からは、これらの実践経験をふまえソーシャルワークプロジェクトが必修単位化されます。

カリキュラム

実践力のあるソーシャルワーカーをめざして豊富な現場体験と国家試験対策を重視

資格取得には理論や制度を学ぶだけではなく、福祉現場における実践を通して、利用者への様々な支援方法を修得することが不可欠です。本学科では全学年に実習科目を開設。事前・事後指導と事例検討のための演習科目を置き、専門職をめざす履修者の実践力を高めています。国家試験対策カフェなどで合格に向けた課外サポートも行います。

国際感覚とグローバル社会への視野を広げる科目の設置と長期・短期の留学制度

グローバル社会における福祉課題や多文化共生について幅広く学ぶ「国際福祉論」、福祉に関連する英語を習得する「福祉英語」を開設。デンマークUCC大学と短期・長期の交換留学に関する協定を結び、福祉先進国である北欧諸国の社会システムやソーシャルワーク実践を学ぶ機会を設けています。

学内外の多様な組織・機関と連携し地域におけるプロジェクト学習を推進

人々や社会のニーズ・課題を掘り起し、その解決に向けて思考し行動することはソーシャルワーカーの実践力の基礎を成すものです。本学科では地域連携センター、コミュニティサービスラーニングセンター、行政、NPO、社会的企業等多様な組織・機関と連携し、学生たち自らが課題解決に向けた提言を行うプロジェクト型学習を必須としています。

カリキュラム

卒業論文のテーマ例

卒業論文のテーマ例

DV支援における加害者に対する取り組み

日本では、DVの被害が深刻化しているにも関わらず、加害者支援に関する研究と実践は不十分です。本研究では文献調査・インタビュー調査により、現在行われているDV加害者プログラムの現状と課題を明らかにし、DV加害者プログラムが刑事司法的アプローチに偏らず、包括的なDV支援の中で取り組まれていくべきであることを主張しました。

LINEで送る