昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

初等教育学科

初等教育学科 初等教育学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学>
  4. 人間社会学部>
  5. 初等教育学科

グローバルな時代を生きる子どもたちを育てる
教育的実践力の高い教諭・保育士を養成します

期待する学生像

子どもの成長過程を見守り豊かな人格形成に寄与する教育・保育職を強く志望する学生、専門的な知識や技能を修得するだけでなく、豊かな人間性と社会性を培いたいと願う学生、子ども一人ひとりの可能性を引き出すことができる指導力・援助技術を身につけたいと考える学生が入学することを期待しています。

ポイント

保育士資格と幼稚園教諭免許状が取得できます

幼保一元化にともなう乳幼児期の教育水準の均衡・向上化や認定こども園の増加に対応するために、子どもたちの発達過程について深く学び、適切な指導・支援ができる力をもった保育士と幼稚園教諭を養成します。

小学校教諭免許状と幼稚園教諭免許状が取得できます

就学前の子どもや小lプロブレム等の課題に対する援助のあり方、学びを保障する視点を養うために、就学前教育を視野に置き、幼児期から児童期にかけての心理や行動、発達過程をよく理解した小学校教諭を養成します。

英語教育の強化・拡充を図っています

英語教育実施学年の早期化などグローバル化に対する英語教育の充実・強化に対応できる小学校教諭や、低年齢化が進む幼児英語教育に対応でき楽しい英語活動を展開できる教育者を養成するために、確かな英語力とその指導力を身に付けます。

取得できる資格

  • 小学校教諭一種(児童教育コースのみ)
  • 幼稚園教諭一種
  • 保育士(幼児教育コースのみ)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 社会調査士
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 小学校教諭一種(児童教育コースのみ)
  • 幼稚園教諭一種
  • 保育士(幼児教育コースのみ)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 社会調査士
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員(大学認定証)

クローズアップ

国際化社会に対応するために—英語教育の強化と「アメリカ初等教育演習」—

「伝統芸能実習」 今後ますます進むグローバル社会を生きぬく子どもたちの教育を担う指導者を養成するために、本学科では英語教育の充実を図っています。学科共通科目に「英語科教育概論」、「English VocabularyAcquisition」や「英語活動指導法」などを置き、幼児・児童に確かな英語の指導ができる教員の育成をめざしています。
またグローバルな視点を養うために、毎年3月に昭和ボストンに約2週間滞在する短期教育研修を実施しています。ボストンの保育園・幼稚園・小学校で、自ら企画した保育や授業を実践し、英語で教える経験を通してアメリカの多様性に富んだ教育を学びます。事後研修ではアメリカで得た知識や経験を継続的に活かし、単なる異文化体験に留まらず、「教育者としての自分」を考える貴重なきっかけとします。

カリキュラム

「児童教育コース」と「幼児教育コース」から選択します

小学校教諭一種と幼稚園教諭一種免許状が取得できる「児童教育コース」と、幼稚園教諭一種免許状と保育土の資格が取得できる「幼児教育コース」があります。講義や実習を通して、乳幼児期から児童期にかけての成長や発達、教育について詳しく学び、理解することで専門性を高め、幅広い年齢の子どもたちや教育現場への対応の仕方を学ぶことができます。

豊富な現場体験を用意しています

免許資格を取得するための実習のほか、学寮研修時の現場訪問や公立幼小見学、小学校・幼稚園の5日間実習などがあります。学寮のある千葉県館山市の子どもたちと触れ合う「館山プログラム」、昭和ボストンキャンパスでおこなう「アメリカ初等教育演習」にも参加できます。またキャンパス内には附属小学校・こども園、隣接した「おでかけひろばSHIP」や「昭和ナースリー(地方裁量型認定こども園)」があり、大学で学びながら教育や子育ての現場を知り、学びを確かにする体験ができます。

専門性をより高めるための多彩な学科共通科目があります

基礎的知識・技術を学んだ上で、免許資格科目を修得するとともに、人間形成・教育教養、現代社会における教育教養を身につけるための幅広い学科共通科目を用意しています。また実践力や表現スキルを磨く授業も用意しており、教育・保育職の幅を広げます。

カリキュラム

卒業論文のテーマ例

卒業論文のテーマ例

幼児期における創作オペレッタ活動について

日常の遊びや生活の中で子どもたちが示す興味や関心をもとにして、一つの劇につくりあげていく創作オペレッタ活動がテーマです。幼稚園での観察を通して、子どもの理解と表現意欲を尊重しながら劇を創作していくプロセスを様々な視点から分析しました。

LINEで送る