昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

教育目標・4ポリシー

教育目標・4ポリシー 教育目標・4ポリシー
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学について>
  3. 教育・カリキュラム>
  4. 教育目標・4ポリシー

昭和女子大学大学院

教育目標

昭和女子大学大学院は「世の光となろう」という学園目標に則り、誠実で礼儀正しく、学識と教養に裏付けられた品位ある人間、奉仕の気持ちを持ち、世界や社会の事象に深い関心を抱き、国の内外を問わず様々な分野で、豊かな創造力と探究心をもって指導的な役割を果たすことができる人材の育成を目標としています。

文学研究科

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本大学院文学研究科では、次のような意欲にあふれた学生を求めています。

  1. 本学の教育目標と志願する専攻の目的を理解している。
  2. 学問探究への努力を大学院生活の中心に置き、幅広い視野と高度な専門性を身につけることを目指している。
  3. 人間形成への努力を重ね、自主性や行動力、創造力、協調性、奉仕の精神を養うことを目指している。
  4. 大学院修了後は、進んで社会に貢献する意欲がある。
    本研究科では、博士前期課程3専攻と、それらを統合した博士後期課程1専攻を置き、多様な能力、適性を持った人材に広く門戸を開いています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本研究科の教育目標を達成するために、次の方針に基づく学修・研究課程を編成しています。

  1. 各専攻には、複数の講義科目・演習科目を体系的に配置し、高い学識の修得、ならびに高度な専門的研究能力の育成を目指す。
  2. 修士論文作成のための特別演習科目、博士論文作成のための特論科目を設置し、各自の研究テーマ、研究計画に基づき、指導教員による個別の研究指導を行う。
  3. 専攻によっては、本研究科内の他の専攻や他の研究領域の科目履修も認め、学際的な視点を育成する。

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与に関する方針)

次の能力を有していることを重視し、専攻する研究領域において所定の年限在学し、所定の修了要件単位を修め、学位審査に合格した学生に対し、修了を認定します。

  1. 博士前期課程においては、優れた学識ならびに専門的研究能力を備え、専門性の高い職業を担うために必要な能力を修得している。
  2. 博士後期課程においては、高い学識ならびに高度な専門的研究能力を有し、自立した研究活動を行う資質および能力を修得している。

キャリアデザイン・ポリシー(社会的・職業的自立に関する方針)

本研究科では、課程修了後に活躍できる、次のような人材を育成します。

  1. 本研究科での学修と研究を通して、専門的職業や社会的貢献に対する意識を高め、専門性を活かした自らの生き方を設計するキャリアデザイン力を養う。
  2. 専攻する研究領域において専門性を深めるとともに、学際的な視点をも養い、多様化する社会の要請に応じ、国内外の教育や研究の場をはじめ、広く高度な専門的職業人として活躍・貢献できる人材を育成する。
  3. 国際的な視野と専門性を活かした豊かな知見、職業上の倫理観を身につけ、自立した人間として21世紀の男女共同参画社会を担う人材を育成する。

文学研究科 日本文学専攻(博士前期課程)

アドミッション・ポリシー

日本文学専攻では、日本の文化の中心である「文学」と、その「文学」を形づくる「日本語」とを体系的かつ総合的に把握し探究する、着実な研究能力の育成に取り組んでいる。本学所蔵の豊富な資料の活用に基づく論文の作成や研究成果発表の機会などを通して身につけた高度な専門性を発揮し、多様化する社会の要請に応えられる人材の育成を目指しており、学問の探究を志す強い意欲をもった学生の入学を期待している。

カリキュラム・ポリシー

  1. 日本文学および日本語学の領域において、広い視野と豊かな学識を培い、専門的な研究能力を育成するため、講義科目・演習科目を開設して教育課程を体系的に編成し、実施する。
  2. 修士論文作成のため、各自の研究テーマ、研究計画に基づき、指導教員による個別の研究指導を行う。

ディプロマ・ポリシー

  1. 日本文学、日本語学の領域において、高い学識ならびに専門的研究能力を有し、専門性の高い職業を担うための能力を身につけている者。
  2. 本研究科の定める在学期間および修得単位数を満たし、修士論文の審査および最終試験に合格した者。

キャリアデザイン・ポリシー

  1. 本専攻での学修と研究を通して、専門的職業や社会的貢献に対する意識を高め、専門性を活かした自らの生き方を設計するキャリアデザイン力を養う。
  2. 文学および語学に対する専門性を高めるとともに、教育や専門性を要する職場で、それらを基盤にして社会に還元できる能力を身につけた人材を育成する。

文学研究科 英米文学専攻(博士前期課程)

アドミッション・ポリシー

英米文学専攻では、英語教師および実社会において英語を活用して活躍する人材の育成を目的としている。そのために英語力の涵養は言うまでもなく、英語圏文化の理解のために必須の知識を修得し、研究能力・多様化する社会の要請に応じることのできる真の意味での国際理解の能力を身につけたいと希望する学生の入学を期待している。

カリキュラム・ポリシー

  1. 英米文学、英語学の領域において、広い視野に立つ精深な学識を授け、高度な専門的研究能力および専門性の高い職業を担うために必要な能力を育成することを目的として教育課程を編成し、実施する。
  2. 修士論文作成のため、各自の研究テーマ、研究計画に基づき、指導教員による個別の研究指導を行う。

ディプロマ・ポリシー

以下に示す資質および能力を有し、課程の修了要件を満たした者に修士の学位を授与する。

  1. 英米文学、英語学の領域において、高い学識ならびに専門的研究能力を有し、専門性の高い職業を担うための能力を身につけている者。
  2. 本研究科の定める在学期間および修得単位数を満たし、修士論文の審査および最終試験に合格した者。

キャリアデザイン・ポリシー

  1. 本専攻での学修と研究を通して専門的職業や社会的貢献に対する意識を高め、専門性を活かした自らの生き方を設計するキャリアデザイン力を養う。
  2. 高度な専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を有し、複雑・多様化した社会的問題を解決しうるより深い見方と専門性に立脚した考え方を身につけ、幅広い知識と柔軟な発想をもって地域はもとより、国内外の教育や研究の場で活躍・貢献できる人材を養成する。

文学研究科 言語教育・コミュニケーション専攻(博士前期課程)

アドミッション・ポリシー

言語教育・コミュニケーション専攻では、国籍、性、年齢等を問わず、広く日本語教師、英語教師を目指す者に対し、言語教育関連諸領域の専門的な知識の修得および研究能力の育成を図るとともに、それらを教育の場で展開していける実践力の養成を目標としている。加えて現役教師にも経験を踏まえて教育力のブラッシュアップやリフレッシュが図れる場も提供している。国内外で活躍する言語教育の専門家を目指す学生の入学を期待する。

カリキュラム・ポリシー

  1. 日本語教育および英語教育の各研究領域において、優れた専門知識と語学教授法を修得し、専門的研究能力を育成するため、各研究領域に講義科目・演習科目を開設する。
  2. 応用言語学と理論言語学の両分野に関係する幅広い知識の修得のため共通科目を設置する。
  3. 修士論文作成のため、各自の研究テーマ、研究計画に基づき、指導教員による個別の研究指導を行う。

ディプロマ・ポリシー

以下に示す、資質および能力を有し、課程の修了要件を満たした者に、修士の学位を授与する。

  1. 応用言語学について広範な学識を有し、日本語教育・英語教育のいずれかの分野で優れた研究活動を行うための知識と技能を修得した者。
  2. 日本語教育および英語教育に関する専門的な文献・資料を読み解き、的確な表現・コミュニケーション力をもって研究成果を発表できる者。
  3. 本研究科の定める在学期間および修得単位数を満たし、修士論文の審査および最終試験に合格した者。

キャリアデザイン・ポリシー

  1. 本専攻での学修と研究を通して、専門的職業や社会的貢献に対する意識を高め、国内外の様々な教育機関で日本語教師あるいは英語教師として活躍するためのキャリアデザイン力を養う。
  2. 将来応用言語学の分野でさらなる専門的教育を受けて研究者として社会に貢献できるよう、広範な知識と技能を身につけた人材を育成する。

文学研究科 文学言語学専攻(博士後期課程)

アドミッション・ポリシー

文学言語学専攻は、博士前期課程の3専攻を基礎とし、日本語日本文学、英語英米文学、言語教育学(日本語教育講座・英語教育講座)の3つの研究領域で構成されている。専攻する研究領域において高度な学識および研究能力を養い専門性を深化させるとともに、学際的な視点をも養い、多様化する社会の要請に応じ貢献し得る人材の育成を目的とする。高い意欲と研究能力を有する国内外の学生、社会人の入学を期待する。

カリキュラム・ポリシー

  1. 博士前期課程3専攻での教育・研究を踏まえ、日本語日本文学、英語英米文学、言語教育学(日本語教育・英語教育)の各研究領域において、高い学識の修得ならびに高度な専門的研究能力を育成するため各研究領域に講義科目・演習科目を開設する。
  2. 博士論文作成のため、各自の研究テーマ、研究計画に基づき、指導教員による個別の研究指導を行う。

ディプロマ・ポリシー

以下に示す、資質および能力を有し、課程の修了要件を満たした者に、博士の学位を授与する。

  1. 専攻する研究領域において、高い学識ならびに高度な専門的研究能力を有し、自立した研究活動を行う資質および能力を有する者。
  2. 本研究科の定める在学期間および修得単位数を満たし、博士論文の審査および最終試験に合格した者。

キャリアデザイン・ポリシー

  1. 本専攻での学修と研究を通して、専門的職業や社会的貢献に対する意識を高め、専門性を活かした自らの生き方を設計するキャリアデザイン力を養う。
  2. 専攻する研究領域において専門性を深めるとともに、学際的な視点をも養い、多様化する社会の要請に応じ、国内外の教育や研究などの場で活躍・貢献できる有為な人材を育成する。

生活機構研究科

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本大学院生活機構研究科では、次のような意欲にあふれた学生を求めています。

  1. 本学の教育目標と志願する専攻の目的を理解している。
  2. 学問探究への努力を大学院生活の中心に置き、幅広い視野と高度な専門性を身につけることを目指している。
  3. 人間形成への努力を重ね、自主性や行動力、創造力、協調性、奉仕の精神を養うことを目指している。
  4. 大学院修了後は、進んで社会に貢献する意欲がある。
    本研究科では、修士課程6専攻とそれを統合した博士後期課程1専攻を置き、多様な能力、適性を持った人材に広く門戸を開いています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本研究科の教育目標を達成するために、次の方針に基づく学修・研究課程を編成しています。

  1. 各専攻には複数の研究科目と指導教員と行う演習科目、論文作成のための特別研究科目が配置され、体系的に研究手法や専門性を修得・深化させるカリキュラム編成がなされている。
  2. 専門関連領域の指導教員以外の研究科目を履修することにより多角的な研究活動と関連分野を含めた総合力が養える。
  3. 専攻によっては国内外のフィールドワークを通してより一層のキャリア形成・国際感覚・コミュニケーション力が育める。

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与に関する方針)

次の能力を有していることを重視し、専攻する研究領域において所定の年限在学し、所定の修了要件単位を修め、学位審査に合格した学生に対し、修了を認定します。

  1. 高度な専門知識を多角的に修得し、世界や社会の事象に深い関心をもち、これを探究する能力がある。
  2. 物事に対し、自らの専門的視点とともに本質を見る目を備え、自ら課題を解決していく能力を修得している。
  3. 誠実で礼儀正しく、自己の特性を理解するとともに他者のあり方を受け入れていく姿勢をもって、社会的規範を守り自立した活動ができる。

キャリアデザイン・ポリシー(社会的・職業的自立に関する方針)

本研究科では、課程修了後に活躍できる、次のような人材を育成します。

  1. 研究活動で修得した専門知識や専門領域の特性を生かした職業・就業分野で社会的に自立できる職業人を育成する。
  2. 本学での学修と実践を通して、継続就業や再就職に係る職業意識・職業観を磨き、長い生涯にわたる自分の生き方を設計するキャリアデザイン力を養う。
  3. 国際的な視野と専門性を活かした豊かな教養、職業上の倫理観を身に付け、自立した人間として21世紀の男女共同参画社会を担う人材を育成する。

生活機構研究科 生活文化研究専攻(修士課程)

アドミッション・ポリシー

本専攻は、多岐にわたる生活文化に関して高度で知的な素養を持ち、研究、教育および社会的活動を通して、知識基盤社会を多様に支える人材の養成を目的としています。研究者を職業として目指すだけではなく、学部教育の中で文化的、歴史的諸事象について興味を持ち、さらに知見を重ねて理解を深めるため勉学を継続したい学生を歓迎します。

カリキュラム・ポリシー

歴史学・民俗学・人文地理学・考古学・美術史・服飾史・芸能史・文化財学など多様な視点から、地域・時代の文化と生活の研究を行います。広い視野と知識、調査方法・研究方法を修得するとともに、社会で求められる高度な教養および専門性の修得と実践力の育成を目指します。これらの目標達成のために以下の方針に基づくカリキュラムを編成しています。

  1. 歴史学・民俗学・人文地理学・考古学・美術史・服飾史・芸能史・文化財学など分野ごとの授業科目を系統的・段階的に配置、各々の分野における基礎的な研究方法を学ぶ。
  2. どの分野でもフィールドワークを重視し、モノと文献の両面から生活文化を捉え、研究の視野を広げる。
  3. 少人数・個別指導を行うとともに、分野をまたいだテーマ研究にも対応する指導体制をとる。
  4. 教職・学芸員・考古調査士等、専門的知識と資格を修得し、専門職業人および専門性を活かした社会人を養成する。

ディプロマ・ポリシー

所定の年限を在学し、所定の科目・単位数を修得し、次の能力を備えた学生に修了を認定して学位を授与します。

  1. 研究を通して、問題の発見・資料収集・整理分析・考察・成果発表という基礎的な研究方法を修得する。
  2. フィールドワーク・実習・体験によって、歴史や文化に対する多様な捉え方と幅広い視野を体得する。
  3. 複数の分野を横断的に学習することで独創的先進的な研究を開き、その成果発表・質疑応答によってプレゼンテーション能力・学術的コミュニケーション能力を高める。
  4. 専門的職業を担う能力や、研究を通して身に着けた高い教養を社会の中で活かす実践力を養う。

キャリアデザイン・ポリシー

  1. 多角的な視点から日本や世界の地理・歴史を深く学び、高度な専門性をもった教員を育成する。
  2. 学芸員・考古調査士等の資格を持ち、歴史・文化の研究にたずさわり、その成果の普及に貢献できる人材を育成する。
  3. 地域の歴史と文化を深く理解し、自ら学んだ知識と方法を活かしながら、社会に貢献する公務員を育成する。
  4. 日本と世界の歴史・文化を理解するとともに、国内外の歴史・文化に関する専門的な知識と、実習やフィールドワークの体験を活かして社会で活躍する人材を育成する。

生活機構研究科 心理学専攻(修士課程)

アドミッション・ポリシー

心理学に関する一定の知識を修得しており、また心理学における研究能力があることを期待します。

  1. 臨床心理学講座では、臨床心理士の資格取得に十分な適性があり、心理的援助の専門家として活動していく人、または、さらに研究者を目指す人を求める。
  2. 心理学講座では、修得した心理学的知識・技能を実社会で応用し、社会貢献できる人、または心理専門職や研究者を目指す人を求める。

カリキュラム・ポリシー

心理学の幅広い研究分野(認知・発達・社会・臨床など)から、院生の関心に応じて履修できるように科目を配置しています。

  1. 各自の問題意識に基づき実証研究(調査や実験など)を行い、修士論文を執筆できるように指導教員が研究指導を行う。修士論文の研究指導を1年次から毎週受けられるように、演習科目を配置している。研究発表やディスカッションの技能を身に付けるために、修士論文の中間発表会と最終発表会を設定している。
  2. 臨床心理学講座では、臨床心理士の資格科目に対応している。臨床心理実習を重視しており、1年次から種別の異なる外部施設(学校・病院等)での実習を全員が経験できる科目配置が特徴となっている。

ディプロマ・ポリシー

所定の単位を修め、次の能力を備えた学生に修了を認定して学位を授与します。

  1. 心理学の専門分野における高度な知識と技能を有している。
  2. 人と社会を取り巻く現実の諸問題に関心を持ち、心理学的アプローチにより対処するための高度な素養を有している。

キャリアデザイン・ポリシー

心理学の多角的な視点と専門的な知識を持ち、人と社会を取り巻く現実の諸問題に心理学的アプローチにより対処できる、次のような人材の育成を目指します。

  1. 心理臨床の各職域(教育、医療・保健、福祉、司法・矯正、労働・産業の各分野)で、修得した心理学の知識・技能を活用して人を援助できる職に従事する。
  2. 企業や官庁などの職場で、修得した心理学の知識・技能を活用して業務を遂行できる職に従事する。
  3. 大学院博士課程に進学し、大学等で研究や教育に従事する職能人を育成する。

生活機構研究科 福祉社会研究専攻(修士課程)

アドミッション・ポリシー

福祉社会研究に関する一定の基礎学力を持ち、さらに、最新の情報・知識を得て、研究方法を磨き、より高度な専門性を身に付ける意欲がある学生を求めます。

  1. 学際的な関連領域の専門職や研究職を目指している。
  2. 交換留学により、研究を深めることを目指している。
  3. 調査、事例研究などの研究手法を身に付けることを目指している。
  4. 社会福祉領域などの専門職にあり、キャリアアップや人材育成・後継者養成を目指している。

カリキュラム・ポリシー

  1. グローバルかつローカルな視点を持ち、福祉政策、医療福祉、児童福祉、高齢者ケア、ソーシャルワーク、国際男女共同参加社会、現代国際関係、労働とジェンダー、生活福祉経営、地域環境計画、言語社会、都市社会、環境・共生、比較教育社会、経済などの諸領域における研究を進める。上記の幅広い研究分野から、各自の関心に応じて、履修できるように講義・演習科目を配置している。
  2. 問題意識や研究動機、研究目的の明確化、研究方法の精査などの研究計画をたてさせ、修士論文を作成する指導を1年次から行う。
  3. 公開の修士論文中間報告会や執筆後の発表会におけるプレゼンテーションや討議を通じて、研究内容の質の向上を図る。

ディプロマ・ポリシー

所定の単位を修め、次の能力を備えた学生に修了を認定して学位を授与しています。

  1. 福祉、ソーシャルワーク、国際・ジェンダー、生活、地域、言語社会、環境、教育などを学際的に学び、諸問題についての課題を研究し、分析する能力を有している。
  2. 専門分野における知識と課題解決のための技能を持ち、人文科学的・社会科学的アプローチに対応できる力を有している。

キャリアデザイン・ポリシー

  1. 医療、精神保健、児童(保育を含む)、障害者、高齢者関連の社会福祉・ソーシャルワークの高度な専門知識と技能を活用して人の自立援助にかかわる専門職に就く。
  2. 社会福祉や一般行政、官公庁などの公務員になる。
  3. 大学や専門学校、高等学校における教職に就く。
  4. 大学院博士課程に進学し、さらに、研究を深め、専門性を活かす職に就く。
  5. マスコミ・出版、金融・サービスなどの一般企業で職業人となる。

生活機構研究科 人間教育学専攻(修士課程)

アドミッション・ポリシー

本学の教育目標を理解し、人間教育にかかわる専門的知識と研究力を身につけるとともに、全人的教育力と高度の実践的指導力および教育経営能力を身につけ、教育現場や研究機関で活躍し、積極的に子どもや社会とかかわろうとする人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

特に、全人的教育力と高度の実践的指導力及び教育経営力の育成をめざし、以下のようなカリキュラムを編成しています。

  1. 人間教育の本質について理論と実践を深く学べる。
  2. 道徳教育、幼児教育、教科教育、表現教育、情報教育について理論と実践を深く学べる。
  3. 生徒指導、教育相談、特別活動、学級経営・学校経営について理論と実践を深く学べる。
  4. 教育経営、授業研究について理論と実践を深く学べる。

ディプロマ・ポリシー

所定の単位を修め、次の能力を備えた学生に修了を認定して学位を授与します。

  1. 人間教育学の専門分野における高度な知識と研究能力、実践能力を有している。
  2. 教育問題や課題に対して積極的に関心を持ち、専門的知識や実践を基に対応できる力を有している。
  3. 様々な状況において的確に対応し運営できる教育経営力を有している。

キャリアデザイン・ポリシー

今日、教育改革が次々となされ、教育に関する問題状況も加速的に増えています。それらに研究面、実践面で主体的に対応できる次のような人材の育成を目指します。

  1. 人間について深く洞察し理解する力を身につけている。
  2. 知・情・意の教育全体にわたって理解を深め、個に応じた指導を行うための研究力と実践力を身につけている。
  3. 教育の場や研究の場において主体的に行動し、的確に対応し、その場を運営できる力を身につけている。
  4. 様々な教育課題に対して積極的にかかわり、解決に向けて主体的に取り組める能力を身につけている。

生活機構研究科 環境デザイン研究専攻(修士課程)

アドミッション・ポリシー

学部での教育を基礎にして、広い視野に立った高度な理論とその応用能力を身に付け、高い研究能力と実務にも明るい総合的な専門家の養成を目指しています。環境デザインに強い関心をもち、新たな可能性に果敢に挑戦し、実現できる強い精神力と行動力および基礎学力を有する学生を求めています。

カリキュラム・ポリシー

快適で美しい環境デザインを行うために必要な専門的な実務能力や研究能力を持った人材育成のために、学部と連結した建築環境系、プロダクト系、衣環境系、デザイン企画系の4つの研究コースを用意しカリキュラムを編成しています。

  1. 個々の専門性にあった研究室に所属し、ゼミや研究室活動などを通して知識や実践力を身につける。
  2. 環境デザインの高度な知識を修得するための少人数教育を実現できる、講義科目や演習科目を編成する。
  3. 修士論文、修士設計、修士制作のいずれかを選択し、学んだ成果を複数の発表会を通してまとめ上げる。
  4. 建築環境系研究コースでは、都市・建築・住居・インテリアなどの幅広い分野に対応した専門性を有した研究室および講義群を置く。建築デザインの専門家育成のために一級建築士実務経験に相当するインターンシップ科目群を置く。
  5. プロダクト系研究コースでは、様々なプロダクトデザインを専門的に行える技量を身につけるとともに、デザインの理論的な背景についても学べる研究室および科目群を置く。
  6. 衣環境系研究コースでは、「衣」について様々な分野から研究し、教育・研究・アパレル関係の企画開発等の分野で活躍できる専門的な知識、創造力、研究能力を身につけることができる研究室および科目群を置く。
  7. デザイン企画系研究コースでは、様々な分野でのデザインの企画構想などを行う上での総合的な技量を身に付け、専門的知識や理論的背景などについて学ぶことができる研究室および科目群を置く。

ディプロマ・ポリシー

所定の単位を収め、次の能力を備えた学生に修了を認定して学位を授与します。

  1. 環境デザインの各分野において広範な知識と学識を修得し、建築環境系、プロダクト系、衣環境系、デザイン企画系のいずれかの分野における、高度な専門知識と技量を身につけている。
  2. 建築環境系、プロダクト系、衣環境系、デザイン企画系のそれぞれの分野において、今日の社会における課題を見いだし、それに対して分析し創造的な提案ができる能力を身につけている。
  3. 現代社会のニーズを的確に把握し、自らもつ知識をまとめ上げて発表し、ディスカッションをする能力を身につけている。

キャリアデザイン・ポリシー

  1. 建築環境系、プロダクト系、衣環境系、デザイン企画系のいずれかの環境デザインの分野において、学士課程で修得した専門知識と学識を基礎として研究能力をさらに高め、豊かな生活の実現に貢献できる技術開発や研究に携わる者を育成する。
  2. 建築環境系、プロダクト系、衣環境系、デザイン企画系のそれぞれの分野において、修得した高度な専門知識やスキルを用いて現代社会の様々な課題に向き合い、人々とディスカッションをしながら、解決や提案を見出していけるデザイナーやデザイン関連職種に携わる実務家を育成する。

生活機構研究科 生活科学研究専攻(修士課程)

アドミッション・ポリシー

健康の維持・増進に必要な食や栄養について、基礎理論に基づいた高度な専門知識や研究能力を備えた専門職の育成を目指しています。
食や栄養に強い関心を持ち、意欲的に知識や応用力を身につけ、社会貢献できる人、または研究者や管理栄養士などの職能人として活躍できる能力を有する学生を求めています。

カリキュラム・ポリシー

基礎学科に健康デザイン学科と管理栄養学科を設置し、食・栄養の幅広い研究分野から基礎学科と連携した「食・栄養コース」と「実践栄養コース」の2コースを開設し、少人数制による体系的な授業カリキュラムを編成しています。

  1. 食・栄養コースでは、食品機能解析系、栄養生理・生化学系、栄養生理機能解析系を開設し、講義形式科目と演習科目をバランスよく配置して知識と理解を深めさせる。
  2. 食・栄養コースでは、基礎学科開設科目と連携しながら、より高度で広範囲な授業内容の充実と展開を図る。
  3. 実践・栄養コースでは、臨床栄養系、公衆栄養系を設け、栄養士としての実務にかかわる高い専門的能力と理論を体系的に学ぶ科目を開設している。
  4. 実践・栄養コースでは、行政や臨床現場の栄養活動を通じて、より高度な実践性を有する科目を配置し、実務にかかわる最新情報の収集能力と食事療法の理論と実践を学ぶ科目を開設している。
  5. 両コースとも論文の中間発表と最終公開審査会を設定し、論文発表の技能と表現能力を修得する。

ディプロマ・ポリシー

所定の単位を修め、以下の能力を備えた学生に修了を認定し、学位(学術もしくは栄養)を授与します。

  1. 専門分野における高度な知識や技術を修得し、問題を発見、解決する能力を身につけている。
  2. 食品科学、栄養科学、生理科学の各分野を横断的に理解し、高い専門的な能力を修得している。
  3. 臨床栄養や公衆栄養分野を理解し、管理栄養士としてチーム医療の中心的な存在となる高い専門的能力を修得している。
  4. 病院、福祉施設、行政等において、栄養教育、食教育、運動教育などの活動における実践的な指導力を身につけている。

キャリアデザイン・ポリシー

 食や栄養に関する高度な専門知識および研究能力を有し、将来を切り開く意欲と応用力を備えた、以下の人材(職能人)を育成します。

  1. 大学院博士課程に進学し、高い専門的能力を有し大学や研究機関などで教育・研究に従事する。
  2. 医療機関や福祉施設などの臨床領域で、修得した高い専門知識と技能を活用し遂行できる。
  3. 企業や併設の研究所などの職場で、修得した知識と技能を活用して業務を遂行できる。

生活機構研究科 生活機構学専攻(博士後期課程)

アドミッション・ポリシー

 本専攻は「人間の生活に関する総合科学」を課題に掲げ、絶えず変化してゆく生活環境を、衣食住などのハード面と心理・文化・福祉・教育といったソフト面を統合し、多元的に理解・分析できる高度な研究者や専門職の養成を目的としている。そのためには、修士課程における専門領域を踏まえるばかりでなく、さらに幅広い分野の知識を横断し、総合化する力量が必要である。しっかりとした専門知識と柔軟な思考をもって「生活機構学」という新しい総合科学領域に挑戦する学生を求めます。

カリキュラム・ポリシー

人間にかかわる歴史、社会、文化や、それを取り巻く環境が人の心身に及ぼす影響を多元的に学び、多角的視点から専門とする領域をさらに相加的・相乗的に発展させるための広範なカリキュラム編成を行っています。

  1. 生活機構学の全体を俯瞰する生活機構学総合演習を必修科目として履修させ各専門分野の精緻化を図る。
  2. 生活文化・人間社会・生活科学の3領域からなる多元的なカリキュラムから履修計画をたて、生活の質の向上に貢献する人材の能力育成を目的にしている。
  3. 専門力・実践力・総合力を養うため研究科目のほか豊富な演習科目を開設し、その指導を通して専門職業人を育成する。

ディプロマ・ポリシー

次の能力を有していることを重視し、所定の単位を修め提出した学位論文が合格した場合に博士の学位を授与します。

  1. 専門領域に深い知識を持ち、自立した研究者としての能力を有すると判断される。
  2. 課題に対し、自らの論理的思考力で解決する能力を有すると判断される。
  3. 自己の考えを表現・伝達するコミュニケーション能力を有すると判断される。

キャリアデザイン・ポリシー

高度な専門知識と幅広い見識を持った研究者や、その知識を活用して活躍する以下の専門的職業人の育成を目指します。

  1. 豊かな知識と分析能力で生活機構の探究力を有する人材を育成する。
  2. 豊かな知識・経験を通して問題の解決力を発揮しうる人材を育成する。
  3. 課題解決の積極的な提案ができ、実行力のある人材を育成する。
LINEで送る