昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

5つの特色

5つの特色 5つの特色
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学について>
  3. 大学紹介>
  4. 5つの特色
  • 1:伝統ある女性教育
  • 2:すぐそこにあるグローバル
  • 3:社会とつながる実践教育
  • 4:女性リーダーの育成
  • 5:きめ細やかなキャリア教育
  • 1:伝統ある女性教育
  • 2:すぐそこにあるグローバル
  • 3:社会とつながる実践教育
  • 4:女性リーダーの育成
  • 5:きめ細やかなキャリア教育

1:伝統ある女性教育

1:伝統ある女性教育

伝統ある女性教育 1920年に創設した歴史と伝統ある女子大学として、数多くの卒業生を輩出しています。学園目標「世の光となろう」には、新しい時代を切り拓くには世のため人のために進んで自分の力を役立てようとする女性を育て、女性の力で新たな世界を築かねばならないという思いが込められています。単に専門知識を身につけるだけでなく、幅広い教養を持ち、豊かな人間性を備えた女性を育てる教育を実施しています。文化講座や学寮研修もその一例です。教員を多く配置し、少人数教育の実践とクラスアドバイザーによって、個々の学生をサポートしています。

2:すぐそこにあるグローバル

2:すぐそこにあるグローバル

すぐそこにあるグローバル 本学は1988年にアメリカに海外キャンパス「昭和ボストン」を設置し、独自のグローバル教育を実践している大学です。その国際化への取り組みが評価され、文部科学省「平成24年度グローバル人材育成推進事業※」に私立女子大学で唯一採択されました。昭和ボストンだけでなく、海外の協定大学と連携した留学、長短期のプログラムも多くあり、長期留学を経験する学生は30%にのぼります。また、世田谷キャンパスでも異文化を感じ、多言語での交流ができる機会とプログラムを用意しています。
※平成26年度から「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成推進事業」に名称変更

3:社会とつながる実践教育

3:社会とつながる実践教育

社会とつながる実践教育 学生が実社会に触れ、実践力を磨く地域連携プロジェクトの活動数は100にのぼります。 地域における知の拠点として、大学がある世田谷区と産学連携・協力に関する包括協定を締結、2014年には地域連携センターを設立しました。地元をフィールドとし、学生の課題解決型学修の場として実践活動を展開しています。また、学生プロジェクトの中には、企業とコラボレーションした活動や社会の課題に対する取り組みもあります。

4:女性リーダーの育成

4:女性リーダーの育成

女性リーダーの育成 意欲・能力のある学生に対して、リーダーシップを育むプログラムを用意しています。学長発案で指導したリーダーズアカデミーでは、産業界で活躍する講師を招いての講演を聴き、テーマを掘り下げるグループ討議とプレゼンテーションを行います。光葉キャリア塾では、OGや先輩の講演会や特定のテーマについて勉強会を開き、その成果を学内外に発表しています。本学の教員は、個々の学生が入学後から卒業までに成功・失敗、多くの経験により自身を伸ばしていく手助けとして、学生に様々な機会を与え、日ごろから学生のチャレンジを後押ししています。

5:きめ細やかなキャリア教育

5:きめ細やかなキャリア教育

女性リーダーの育成 「キャリア教育」「キャリア支援プログラム」「社会人メンター制度」を3つの柱として、1年次から体系的なキャリア教育を実践しています。学生が所属する学科とキャリア支援センターが連携のうえ、担当する学生をきめ細やかにサポートし、また学生のロールモデルとなる幅広い分野で活躍する300名を超える女性社会人のメンターは、学生へのアドバイスや様々な悩みに応えています。インターンシップの受け入れ企業も多く、学生参加が高いことも本学の特徴です。就職率は卒業生1,000人以上の女子大で4年連続1位※です。 ※出典:サンデー毎日「全国240大学就職率ランキング」

LINEで送る