アイヌ民族の服飾展

毛皮[海豹]( あざらし)のコート(参考出品)

北方の小数民族の獣皮衣に、海豹皮は一般的に用いられている。 毛皮の色調の違いや、模様の部分を巧みに組み合わせて、デザインされており、下半身部分にある細長い毛皮のパッチワークは技術的にも美しく仕上がっている。衿から前立て全体のへりには、別のふわふわした毛皮(キツネか)が細くつけられている。
打ちあわせの仕立ては直線だが、深く重ね合わせて着るように金属製のボタンがつけられている。黒や赤の木綿布、今では白く褪色した絹細布を使った切伏せの上には、ステッチがあり、三つ編にされた赤い毛糸状の細紐も縫いつけられている。 青いガラス玉がつけられており、背や肩の切伏せもサハリンの特徴を備えている。




PAGE TOP