アイヌ民族の服飾展

鉢巻[マタンプシ]


女性の装飾品と思われがちだが、明治中頃までは男性だけが仕事の際に、髪が乱れないように頭に巻いたものである。
頭に巻く部分が長方形で、両端に紐をつけたもの。全体が紡錘形で中央が幅広く両端に向かって狭くなったもの、上縁が山型、下縁は直線状のものなどがあり、いずれにも文様が施されている。一般的には、頭に巻く部分と紐部分とは別布である。文様はチェーン・ステッチ、コーチング・ステッチ、ブランケット・ステッチによる刺繍に、さらにガラスビーズなどを用いることにより、効果的に文様が表現されている。




PAGE TOP