アイヌ民族の服飾展

色裂置文衣(いろきれおきもんい)[ルウンペ]


この文様表現の手法のきものは、多くみられる。紺、黒などの濃色無地木綿または、細かい模様のきもの地の上に、さまざまな色の布を細かく切り、それらを組み合わせて自在に曲げ、延ばしてアップリケとし、アイヌ文様を作り出す。切伏せの文様布は、木綿、絹、毛織物があり、中でも江戸期の小袖と思われる金糸刺繍の入った白紋綸子、繻子、絞り、洋服地と思われるペーズリー模様の布も見られ、多彩で華やかである。



PAGE TOP