アイヌ民族の服飾展

樹皮衣(じゅひい)[アットゥシ]


アイヌ民族の代表的な衣服であり、最も特色がある。北海道を中心に自生している植物の内皮繊維をとり、アイヌ機(ばた)で織った布を用いる。利用する植物は、オヒョウ、シナノキ、ハルニレなどが多い。これらの樹皮は自然の黄褐色の濃淡があり、本州から入ってきた紺木綿他の切伏(きりぶせ)(線状のアップリケ)模様とのコントラストは、シンプルでダイナミックである。



PAGE TOP