アイヌ民族の服飾展

刀下げ帯[エムシアツ]


右肩から左腰に掛け、その両端に刀を通して下げる帯である。胸と背にあたる部分は、肩部より幅が広い。樹皮繊維糸および木綿の色糸を織り込み、精緻な幾何学模様を表現する。経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を絡ませ、編み方、素材、配色を工夫して丹念に文様を織り上げる。表布が木綿布で裂置文による文様構成の場合もある。刀通し部の下部には、切伏せや刺繍の技法により文様が施された垂飾布をつける。文様部分は左右非対称のものもあり、肩の部分には文様がないのが一般的である。




PAGE TOP