アイヌ民族の服飾展

頚飾帯[レクトゥンペ]

女性用の装飾品の一つで、頚に巻いて後ろで結ぶ。黒色ビロード製で幅4.0cm、長さ52.5cmの帯状布に、金属製飾り板が4個、花形のものが3個縫いつけられている。中央部には、袋縫いの小前垂れが下がっており、これにも金属製飾り板が縫いつけられている。花形金属板の透かし部分の下には、紫色絹布、帯状布と小垂れ布の境目の部分には、赤色ウールを挟み込み、さらにその上に淡緑の糸でステッチを施してあり、見事な配色、造形感覚である。



PAGE TOP