アイヌ民族の服飾展

黒裂置文衣(くろきれおきもんい)
[チカラカラペ]



きものの部分は、本州から入手した和服地の縞や格子、柄物を用い、その上に紺木綿の切伏せを施したものである。多彩な色裂置文衣と逆の文様布の使い方である。地には模様があるために、比較的幅の広い無地の文様布を、集中的に乗せてコントラストをつけ、視覚的なわずらわしさを避けたデザインの巧みさが感じられる。



PAGE TOP