アイヌ民族の服飾展

無切伏刺繍衣(むきりぶせししゅうい)[チジリ]


紺や黒、またはそれに近い濃色の木綿地を使い、切伏の布を置かず、きものに刺繍のみで連続模様を構成する装飾技法を用いる。刺繍のステッチは、チェーン・ステッチが主で、一部にボロークン・ステッチなどを加えて、文様に動きや変化をつける。更にステッチによる先端突起(オホヤンケ)〜棘状の表現〜が多用されて独特の曲線美をあらわしている。資料としては少なく、今回の展示品は珍しいものである。



PAGE TOP