アイヌ民族の服飾展

白布切抜文衣(しろぬのきりぬきもんい)
[カパラミップ]



この装飾技法は、文様布を大きいまま二つ折り、四つ折り、八つ折りなどにたたみ、重ねた状態で文様を切り抜いたものが多い。この技法によって、力強い渦巻文が形成されるようになった。文様布は後身頃いっぱいに縦に使う方法と、横にして着物の下部をぐるっと一廻りするように使う方法がある。並幅の30cm位から、広幅90cm位の白木綿が用いられている。広幅のものは機械織りである広幅物が入手できるようになってから盛んになった。



PAGE TOP