アイヌ民族の服飾展

手甲[テクンペ]

手甲は労働用のほか、祭祀用の盛装にも用いられる。形状は手甲形あるいは筒形で、手を入れてから手首を紐で、締めて装着するのが一般的である。
手の甲を覆う文様のある上半部と白木綿布の下半部に分けられる。上半部は紺木綿地に白木綿布の切抜文の切伏せで、切伏せ布の中央部にはコーチング・ステッチが施されている。 かがり糸は、蕁草(いらくさ)糸と木綿糸である。紺木綿布の上部は裁ち目で縁の始末がされていない。筒形の上部と下部に空きがあり、装着しやすいように工夫されている。




PAGE TOP