冷房が普及するまで、夏の生活に欠かせない団扇と扇子は、実用品とともに趣を凝らした工芸品でもありました。 贈答の品としてまた、宣伝や行事の記念品としても配られ、季節を表現するだけでなく、世の中の動きも伝えておりました。 本展では、日本橋に和紙の店を構える「はいばら」のコレクションを中心に紹介しております。
    




PAGE TOP