光葉博物館 博物館実習学生による企画展 


 短期大学部博物館実習生企画展
    「ぶらり It's a small world 〜風俗人形を訪ねて〜」
     
      2006.8/19(土)、9/23(土)10/2(月)〜10/14(土) 10:00〜17:00
  短期大学の博物館学芸員課程を履修する13名の学生が館務実習の一環として、
  企画し、展示しました。
  今回は、当館収蔵資料の中から、世界の風俗人形を取り上げました。

   ごあいさつ
  衣、食、住などを始めとした日常生活に関わる習慣や習俗、 更にそれを支える哲学・芸術・科学・宗教・芸能・道徳・歴史・産物・言語・政治・経済などといった社会構造まで、 非常に幅広く捉えられてきた『文化』は、人類が自らの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体です。
  また、例えば茶道や華道が単独で文化を構成すると言うよりも、茶道が発達する社会的背景、慣習、宗教などの 複合的全体が文化であると定義付けることができます。
  それぞれの民族・地域・社会に固有の文化があり、 学習によって伝習されると共に、相互の交流によって発展してきました。 そしてその中には、異文化の象徴としての魅力を放つものが数多くあります。
  そこでこの度、光葉博物館では、それぞれの国々の文化を反映した風俗人形を通して、 地域の特色や伝統などを読み取る世界一周の旅へ、皆様をご案内致したいと思います。
  平成18年8月
                                               平成18年度 短期大学部館務実習生


  ☆コーナー
    ・南北アメリカ
          
       
    ・アジア
     

          

    ・アフリカ
         

    ・ヨーロッパ
           

    ・人形探しクイズ 
     
 





PAGE TOP